So-net無料ブログ作成

ブログ休止中を整理してみる [murmur]

禁煙・禁酒プロジェクト(実施期間:平成28年5月17日~平成28年6月16日)において、先日(6月7日)禁煙を断念しました。意志薄弱な自分を嘆きつつ再び吸い始め、現在では1日平均15本を軽く超えるまでに立派に回復?しました。一方、禁酒については解禁日以外一切アルコールを摂取しておらず、本日で24日目を迎えています。こちらについては、当該期間終了後も7月の人間ドッグに備えるべく節酒する予定です。あくまでも予定ですが・・> <

ブログをスタートする切っ掛けであった「ギャンブル依存症」については、ブログ開始僅か1か月半程度で完治に近い感触が得られ、今ではWINSを見かけても街中で実況中継が聴こえてきても、ギャンブル専門紙に〇×△を付けまくっていた指先はピクリともせず、「そういえば、昔は熱くなっていたよなぁ~」と平然と呟けるほどの精神状態を保てるようになりました。当初設定した目標の「まずは20週」の最終週を今週末に迎えることになります。

今回、当ブログを10日間近く休止せざるを得なかった仕事上の問題については、現在私の手を離れ、海の向こうで審議中です。感触は五分五分とだけ申し上げておきます。なお、この結果如何でブログをやめてしまうということはなく、投稿のペースが落ちたとしても、不定期にぼちぼち続けるつもりです。

今後は、記事の数が100を超えるあたりから考えていた”川端で風に揺れている柳”ようなブログにすこしでも近づけたらと考えています。


●アクセストレード

 お持ちのホームページ・メルマガで広告収入を得ることが出来ます。

image.jpeg

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!


※ブログ休止中にご訪問いただいた方々、そしてコメントをくださった方々に、この場を借りてこころより御礼申し上げます。ありがとうございました。
image.png

(おわり)

再会の時 [DVD]

再会の時 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD






nice!(118)  コメント(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

東京優駿の日 [several information]

今日は、繰り返し申し上げてきました私の依存症の対象の一つであった競馬についてです。これを取り上げること自体が矛盾しているように思われるかもしれませんが、事実に基づいて綴っている日記ブログの性質上、出来事をありのままに表現することが肝要だと思い、敢えてギャンブルに触れてみます。

この日(5月29日)は、あの忌まわしいトラブルが発生する前日の日曜日で、競馬の祭典第83回日本ダービー(東京優駿)の開催日でした。下の建物は農林水産省管轄の中央競馬会(JRA)が運営する場外馬券場(正式には「場外勝馬投票券発売所」)の一つで、私の事務所から徒歩15分ほどの距離にあるWINS汐留です。

image.jpeg


こちらで東京競馬場第10レースの馬券を1千円分購入しました。といっても、この馬券は私のものではなく、うちのカミさんMrs.Clikintonの購入馬券です。カミさんは、年2回このダービーと年末行われる有馬記念の二つのG1レースだけを20年以上買い続けています。掛け金はそれぞれ1千円づつ、年間総投資金額2千円です。戦績は1勝39敗(過去20年)、その1勝はマツリダゴッホか、ダイワスカーレットだったか忘れてしまいましたが、10万円近くの払い戻しをうけたことがあります。因みに、その年の暮れは家族全員グリーン車両(ウイスキーの水割り付き)で帰省することができました。

その日、WINS前の広場では「汐留イタリア街ナポリサミット」と称したイタリア料理のイベントが開催されていて、なぜかその中には、新聞を片手に予想している人は一人もいらっしゃいません。さすがはWINS汐留、紳士淑女が集う場外馬券場です。
kent
kent
image.jpeg

(ギャンブル場とは思えないほど清潔がモットーの馬券場です。)
image.jpeg


話しを元に戻して、うちのカミさんです。彼女の投票日前日は夕食の片づけを終えると決まってPCが設置されている長男の勉強机に陣取ります。そこで、彼女は競馬専門紙、スポーツ新聞といった有料資料は一切活用せず、定期購読している日経新聞のスポーツ欄とJRAのウェブページを情報源にして、22時頃から翌日午前3時過ぎまで検討に入ります。その彼女の鬼気迫るうしろ姿に家族は皆声をかけることができません。

そして、予想の結果はカレンダーの裏側を使用した自家製のメモブックに丸文字で書かれ、当日朝にはリビングテーブルの中央にひっそりと置かれています。昨年まではそのメモを私の財布の中にしまって東京競馬場で「あれだけ頑張って予想したんだから、たまには当たってね!」と願いを込めながら馬券を購入しておりました。しかし、今年は私が止めてしまったために、こちらのWINS汐留でした。

        
        (WINS2Fの写真、ダービー当日にしてはそれほど混んでいません。)
image.jpeg



結果は、これまでの勝率(2.5%)が示すとおり、あえなく1千円没収。1着2着は人気通りの折り返しで、3着を穴にしていたのが失策だったようです。欲張らなければ46倍だったのですが・・・。


せっかく、頑張ったのに・・・残念。
m_2016-06-09T22_23_59-8f282.jpg

イタリア料理のあたらしい教科書

イタリア料理のあたらしい教科書

  • 作者: 佐藤 護
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/06/02
  • メディア: 単行本



nice!(122)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

オフコース [私の新宿]

今日の午後は新宿東口の喫茶店で、ひげ面のオッサンと打ち合わせでした。折角の休みをこんな暑苦しいオッサンを目の前にして二時間も時間をつぶすのは、お魚料理が食べたいときに血だらけのビーフステーキが出てきたようなものです(意味不明~)。そんな暗澹たる気分のままにその打ち合わせを終え、アルタの前を通り過ぎようとしたときに、突然小柄で褐色の東南アジア系の女性に呼び止められました。彼女は「 Tokyo Metropolintan government office 」はどこですか?と聞いてきました。私は即座に「あっちの方向にありますよ。」と教えてあげたのですが、彼女は何度も私の顔と私が指さした方向を見返すので、仕方なく私は「ちょうど、そちらの方向に行くので一緒に行きましょう!」と言うと、潤んだ大きな瞳をさらに大きくして「サンキュー」と笑って私の前をつかつかと歩き始めました。西口に抜ける途中、家電量販店の大型ビジョンから小田和正さんの”さよなら”が聞こえてきたので、その画像を見るために少し遠回りしました。

image.jpeg


もう終わりだね 君が小さく見える
僕は思わず君を 抱きしめたくなる
私は泣かないから このままひとりにして
君の頬を涙が 流れては落ちる
さよなら さよなら さよなら
もうすぐ外は白い冬
愛したのは たしかに君だけ
そのままの君だけ

image.jpeg

都庁に向かいながら彼女に質問してみると、彼女は昨年インドネシアから千葉県にある初めて耳にする名前の大学に交換留学生としてやってきているらしく、今日は観光で来日した家族(父、母、妹)と半年ぶりに会うということでした。どうして都庁なのかと疑問に思いましたが、それ以上は聞きませんでした。
西口の家電量販店を抜けて、モノリスというビルの前にさしかかったところで、突然京王プラザホテルの前から日本語ではない大きな掛け声が聞こえてきました。私がそちらを振り向くのとほぼ同時に、彼女は手を振って一目散に赤信号を走り去っていきました。その掛け声は彼女の母親からだったようです。彼女は
何の挨拶も残さずに去って行きました。

さようなら・・・


家に着くころ、すでに周りは暗くなっていました。

image.jpeg

(おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989

  • アーティスト: オフコース,小田和正,鈴木康博,山上路夫,山川啓介,東海林修,松本隆,ランディ・グッドラム,馬飼野俊一,青木望,矢野誠
  • 出版社/メーカー: ファンハウス
  • 発売日: 1998/05/21
  • メディア: CD




¥1000からお支払いのアフィエイトなら◆AccessTrade◆
nice!(114)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

えいご漬け [Recommended Books]

昨日の日曜日は、先日のビジネス上のトラブルに備えて何も予定を入れていなかったので、ここ数年経験したことのないぼけーっとした一日でした。朝食は遅めの10時半、その後シャワーを浴びて軽く散歩して、午後はお気に入りの喫茶店で4年ぶりに「ニンテンドーDSえいご漬け」で時間を潰しました。

(下の画像)4年前に息子から譲り受けたニンテンドーDSとえいご漬け & もっとえいご漬け

image.jpeg


もうかれこれ発売から10年は経っているニンテンドーのヒット商品です。これについてはウェブ上にいろんな角度から詳しく解説されておりますので、中身は省略します。長く使用していなかったので、日付と時間の設定から始めました。

image.jpeg

image.jpeg


           立ち上がりの画面 上段がえいご漬け、下段がもっとえいご漬け

image.jpeg

image.jpeg

下の画像は、もっとえいご漬けのトレーニング画面です。このフレーズでは酔っ払いのおじさんが警官に車から出るように指示され、飲酒運転の検査のためにまっすぐ歩けるかどうかを試されるシーンです。

image.jpeg


酔っ払いのおじさんは、ビール1杯しかのんでないよ!なんて酩酊状態で言い訳をしますが、結局、逮捕されてしまいます。

image.jpeg


トレーニング終了後は、一日一回だけトライできる習熟度を測るテストがあります。F~A・AA・AAA・Sまで9ランクに分類されており、私は4年前に1年ほど凝ってやっていたので、テスト問題を覚えてしまいました。よって、実力がなくても最上級の「S」が取れてしまいます。

image.jpeg


もっとえいご漬けをコンプリートするとゴリラから人間を経て宇宙人に進化します。ダーウィンの進化論を超えた世界です。下の宇宙人は4年前に達成したデータが残っていました。これ以外にも、ゲーム屋さんが得意とする趣向を凝らしたゲームが多数揃っていて、退屈せずに学べるように工夫されています。

image.jpeg


ウェブ上の解説にも総論として書かれてありますが、これをやったからといって英語が流暢に話せるようになるわけではございません。ただ、私はこれをやって片言のままであるのにもかかわらず「外人恐怖症」、「英語会議での完全無口状態」、「混乱してしまって、電話を長く保留してしまう」といったビジネスマンにとって致命的な挫折経験をかなり癒してくれたような気がしております。

はじめての海外旅行を計画している人や、次の東京オリンピックで遭遇するであろう道案内の場面に最適の英語教材であることは間違いありません。本日はこれだけ、(^^)/~~~

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game

英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け

英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game






nice!(106)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

義理の母が来た! [閲覧数TOP30]

昨夜帰宅するとカミさんの母親が半年ぶりに遊びに来ておりました。一年に一・二回、時季に関係なくふらりとやってきて一週間滞在します。義母曰く、「一週間以上いると〇〇さん(カミさん)と喧嘩になるので、それ以上はいたくありません。」という厳然たる理由で一週間後にお帰りになります。

この義母は非常にユニークな性格の持ち主で、今までで一番強烈に印象に残っていることがあります。それは、ある日義母から荻窪にあるラーメン屋に行きたいと申し出があり、息子二人を連れて義母に同行しました。その店で義母は、「このスープ、美味しいね~」と言いながら時間をかけて味わっていました。食べ終わってどんぶりを覗くとスープと具は全部なくなっていて、麺だけがほとんど食べずに残っている状態でした。不思議に思った二人の息子が「なんで麺食べないの?」と聞くと、義母は「このスープ最高~、また来ようね!」と満面の笑みで答えました。私は「そうじゃなくて、麺・・・」と言いかけて、それ以上は聞くことが出来ませんでした。

さて、そんな義母が作る料理がまた特別です。一品一品は非常に美味しく出来ているのですが、全体のバランスというか、ストーリーというか、どうしてこの組み合わせなの?と首をかしげてしまうオリジナリティーに富んだ世界が展開されます。ということで、昨日の義母の作品をご覧ください。

いきなりメインのお稲荷さんが登場。あげが少し破れているところがチャーミングですね。

image.jpeg



続いて、温かい真っ白なご飯にのせて、少しお醤油を垂らすと非常に美味しい、アボカドとマグロの混ぜ物が・・・でも目の前にあるのは酢飯のお稲荷さん。

image.jpeg

厚切りの牛肉を使ったボリューム感のあるお料理が夕食の中盤を盛り上げます。料理名は不明。

image.jpeg


そして、義母の真骨頂です。昼食の残り物が出てきたわけではありません。作り立ての熱々です。「えぇぇ・・・・ここで春巻き???」

image.jpeg



瞬く間に感動のフィナーレを飾るデザートです。皮をむかなくてもそのまま食べれるという意味で名付けられた「むかん」をいただきました。

image.jpeg


(見事なフィニッシュです。お義母上!)

image.png


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

荻窪・西荻・阿佐ヶ谷本 (エイムック 3143)

荻窪・西荻・阿佐ヶ谷本 (エイムック 3143)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: ムック



nice!(118)  コメント(20)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

お酒を飲もう! [several information]

先月の17日に開始した1か月間の禁酒(≒節酒)プロジェクトは明日で終了します。お陰様で1.5kgほど体重が減り、もしかしたら私の大きな顔がフィギュアスケートの羽生くんの顔(の大きさ)に近づいたかも?と思って、今朝まじまじと鏡を見ると、そこに写っていたのは藤子不二雄の漫画に出てくる黒い帽子を被ったおじさんのような顔でした。(T_T)

そんな記念すべき日に因んで、今日は以前テレビの話題で取り上げたことのある丸紅会長のお酒にまつわるコラムをご紹介します。お酒と上手に付き合いながら、お行儀よく飲み続ける態度に感銘を受けました。特に飲めるサラリーマンの方におすすめの内容です。是非ご一読ください。

------2016.6.13 日経新聞夕刊-------------------
無類の、とまではいかないが酒はかなり好きな方だ。父や叔父などの血筋を受け継いだのか、かなりの酒豪だと思っている。さすがに65歳を過ぎると酒量はめっきり減ったが、それでも飲むときは飲む。そうなると、家族からは「普通の人の2倍は飲んできたのだから今後は控えるように」と教育的指導が飛んでくる。ただ、酒の席での失敗はないと自負している。
酒の好みも年と共に変わる。安ウイスキーに始まって一時期は真夏でも熱燗。米国駐在時にはバーボンにドライマティーニ、ロンドン駐在では生ぬるいビール。そして、今ではワイン党に変身している。
下戸の方には申し訳ないが、お酒は飲めた方がよい。社会人になり好きだった麻雀を早々に止めたのは、手作りに夢中になり会話が殆んどなくなってしまうためだ。一方、酒はというと、同僚と気楽に語り合う場、先輩のグチを拝聴する場、後輩の青臭い議論に付き合う場、そしてお客様と親しく盃を酌み交わす場など様々だ。海外出張で若手駐在員と酒を酌み交わしていると、営業時間中の会議では接することのできないアイデアに遭遇することがある。丸紅が人里離れた海外の奥地で特殊語学の研修制度を始めたのも、こういう場でヒントを得たからだ。経営の方針や方向性に助言を貰いたい時には、あらゆる層の仲間から意見をもらった。昼までは構えてしまうが、アフターファイブに酒が入ると本音が聞ける。
何れにしても勝負の酒、憩いの酒、癒しの酒、酒の場は多種多様だが、酒は人と人を繋ぐ極めて有効なツールだ。お小言を多少頂戴しても、これからも酒をこよなく愛し続けたい。(丸紅会長 朝田照男)
---------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?前回同様、平易で簡潔な文章ですね。特にこれと言って胸にぐっとくるものはありませんが、社会人としてのお酒の嗜み方が実体験に基づいて書かれているのが良く分かります。その中でも共感したのが、下線の部分です。お酒の席でふと考えついたアイデアによって、人・組織が改善された例を私も経験しております。お酒は、「肝胆相照らす仲間」に出合うための重要なアイテムの一つであることを再確認いたしました。

とかなんとか理屈をこねても、私の場合は、ただの酒飲みおやじなんですけど・・・><

image.gif


                (熊本の皆さん、頑張ってください!)

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

★酒は飲め飲め、飲むなぁ~ら〜ば~私の好きな官兵衛のお酒です。↓↓↓


「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム


nice!(113)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

成子天神社とバブルの頃 [私の新宿]

今日は、私のブログに度々登場する西新宿です。私の20代、30代は西新宿とともに生きてきたといっても過言ではないほど思い出がいっぱい詰まった場所です。その一角に「成子天神社(なるこてんじんじゃ)」があります。菅原道真公を祀っている1100年以上続く歴史のある神社です。(写真はすべて先月撮影)

image.jpeg


境内の敷地を利用して高層ビルマンションが建てられています。ついに神様もマンションデベロッパーに!?

image.jpeg


境内の参道脇に七福神「恵比須さま」。それにしても、嬉しそうですね~。タイが釣れただけで・・・、いや、きっと他に何かいいことあったんだろうと思います。^^

image.jpeg


神社を後にして中野坂上方面に下ってすぐに、二棟の高層ビル。休日だったこともあって、人はまばらでしたが、青梅街道を新宿駅方面に向かう中国人らしき人の多さにびっくりしました。あくまでも想像ですが、それは中心地から少し外れた場所にある安価なホテルを狙って、宿泊が集中しているのだろうと思われます。

image.jpeg


中野坂上近くの骨董品店の機嫌の悪そうな、いかつい表情の動物の置物。お値段は貼られておりませんが、いくら安くても私は買う気になれませんね。態度が悪すぎです。

image.jpeg

 





この西新宿7・8丁目あたりに、私が家内と結婚する前に常連客として通っていたゴールデン街の飲み屋さんに雰囲気がよく似たお店が一軒ありました。バブル経済の絶頂期に乱開発(いわゆる地上げ)された地域だけに、当時あった木造モルタル造の建物はほとんど残っておりません。当然、そのお店もありませんでした。私と家内の結婚前のデートコースは、コマ劇場近くでボーリングかビリヤード、たまに映画で時間をつぶし、給料日直後は奮発して叙々苑で夕食を済ませた後に、この思い出のお店で飲んだくれていました。しかも、今から思うとぞっとすることがあります。それはこの店の帰りに普通に車を運転していたことです。この点は、そういう時代だったということで、お許しください。(_ _)

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

我々二人が下のイラストのようなお洒落なカップルだったわけではありませんが、当時流行った漫画「ハートカクテル」の一場面です。『トレンディー』という言葉が使われるようになったのもこの頃でした。それにしても、藤子不二雄の黒い帽子のおじさん似の私には程遠いイメージです。・・・。><

image.jpeg

                       
                       (おわり)

バブル後25年の検証

バブル後25年の検証

  • 作者: 竹中 平蔵
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2016/04/06
  • メディア: 単行本


「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム


nice!(122)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

舛添都知事辞任とイチローの新記録達成の翌日に [禁煙・禁酒プロジェクト]

注目のニュースは色々とありますが、今日は自分にとってのビッグニュースを二つご報告いたします。

1.今日からお酒を飲みます。
平成28年5月17日から1か月間にわたり禁酒(≒節酒)に努めてまいりました(禁煙は6月7日に失敗)。この1か月間、飲みたくなった時は麦茶の暴飲でごまかし、時には意図的(胸焼けを起こすため)に辛めのかつカレーを目を潤ませながら口いっぱいに頬張ったりとあらゆる方策を講じながら、その欲望を鎮めてまいりました。この成功を以て、当ブログを通じて自らに課した依存症克服・禁煙・禁酒の三つの課題の内、二つをクリアーすることができたわけです。この際、当ブログのタイトル名を『ブログは健康の素』に改めたいくらいですが、すでにプロフィール画像・ニックネーム・タイトルと立て続けに変更してきた経緯がございますので、これ以上お行儀の悪いことは止めにします。

よりによってこの日に限って、いつもの飲み仲間が夏風邪でダウンです。しかたなく外出先から直帰で、妻が嫌がるほど早い時間に帰宅することになりました。こちらは、昨日の恵比須様に因んでYEBISUビールです。(ここで義母が作ったつまみをご紹介すると、本日の論点が霞んでしまいそうなので、省略します。)

image.jpeg



                 ビールに付いていたオマケです。

image.jpeg


自分のバックに付けたかったあかつきは、”これいいわね!”の一言で義母のもとに。仕方なく私は明星

image.jpeg

                
          
アルコールの勢いに任せて谷川俊太郎さんの『明星』の最初だけ・・・

                  眼が見せてくれた表情の奥へ
                  ココロは入って行く そして
                  かすかな哀しみを発見する
                  あまりにかすかなので それは
                  遠い水平線のようだ

                  眼が見つめる風景の向こうへ
                  ココロは旅を続ける すると
                  昼間は見えない星座が見える
                  あまりに遠くにあるので それは
                  生まれる前の思い出のようだ


ビールの後は、ウイスキーのロックグラスについた水滴がキーボードに零れ落ちないように気を付けながら、ブログをアップする予定です。お酒って美味しいね。^^


2.懸案のトラブルが100点満点で解決いたしました。
先日発生した当ブログを10日近く休止する要因となったビジネス上のトラブルは、本日午前10時30分、顧問弁護士から電話があり、全てこちら側に有利な条件で解決したと報告を受けました。私個人や会社には、直接の損害が発生する性質のものではなかったのですが、社外の45名の関係者に多大な負担を強いる可能性がありました。その関係者の中には、個人的に親しい友人が含まれていたこともあって、相当なプレッシャーを感じておりました。開き直りの境地にあったものの、正直ほっとしました。

この場を借りまして、休止中に当ブログにお出でくださった方々ならびに心温まる応援メッセージをくださった方々に改めて御礼申し上げます。(_ _)

image.jpeg

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!



「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム
nice!(120)  コメント(26)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

オペの日 [サボテニ]

              それでは、これより手術を開始します。

c0137122_459288.jpg



といっても、最近窮屈そうにしている多肉さんの移植手術です。今日で生涯3回目の「植物とのふれあいイベント」。花の名前もろくに知らない私が、どうしてこうなってしまったんだろう?と自分でも不思議です。きっかけは間違いなく、okoさんのダンシングサボテニさんに出合ってからです。ということで、師匠であるoko先生のアドバイスを忠実に守るべき立場の私が、今日はその忠告を無視して手術に臨むことになりました。先生曰く、「植え替えは6月を避けた方が良い!」でした。

しかしながら、窮屈そうな彼女たちを毎日見るにつけ哀れに思い、常識を覆すような完璧な手術を施せば彼女たちはその窮屈な場所から解き放たれるであろう!といった勝手な解釈で、oko先生の忠告を振り払って、ブラックジャックよろしく実施する運びと相成りました。

(参考)
一回目(hatumi姐さん監修)→http://shikemokuwosuinagara.blog.so-net.ne.jp/2016-05-21

二回目(oko先生監修)→http://shikemokuwosuinagara.blog.so-net.ne.jp/2016-05-29



                       
                      Before

image.jpeg


             取り揃えた手術道具、ピンセットと脱脂綿はいるの?

image.jpeg


               前回学習済みの穴の開いた移植先を用意

image.jpeg


             既存の鉢と移植先の比較、ちょっと大きいかな?

image.jpeg



                   土および肥料、準備完了

image.jpeg


              こちらも前回の学習効果、水はけのよいネット

image.jpeg


                いよいよ既存の鉢からの脱出ですっっ

image.jpeg



脱出成功の後は、先日の森田恵子さんのブログ画像をしっかりイメージして丁寧に、それは丁寧にほぐしていきます・・・


image.jpeg



うさミミさんも同様に旧鉢からの脱出後、それはまるで伊集院先生の前奥様に口紅をさすように慎重に、慎重に左右上下とほぐしていきます・・・



image.jpeg


が、ここでアクシデント発生!!

image.jpeg



アクシデント発生後わずかばかりの動揺はあったものの、大きく深呼吸を繰り返しながら最後まで力を振り絞って、ようやく手術完了です。術後の様子をある一定期間みてみないと成功したかどうかは不明ですが、とりあえず終わりました。前回同様、心配して駆けつけてくれたダイサボさんと一緒に記念撮影です。

                                                                 After
image.jpeg


ひと仕事終えた後の一服がたまりませんね!
image.jpeg
                       (おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!


ブラック・ジャック (1) (少年チャンピオン・コミックス)

ブラック・ジャック (1) (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1974/05
  • メディア: コミック



nice!(129)  コメント(28)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

一通のメール [私の新宿]

昨日の早朝に、上の兄(三人兄弟の長男、私は三男坊)から一通のメールが届きました。メールの内容は次のとおりです。

『ご無沙汰!元気でやってるか?こっちは母が膝が痛いと毎日のように嘆いているが、それ以外は順調だ。ところで、今日の東京11R に「・・・・」が出走する。なにせG3で強敵揃いだから厳しいとは思うが応援よろしく!追い切り(本番の数日前に行われる練習のことを見た限りでは今までになくシュッとしていた。人気は下位のはずだから、面白いと思う。それと、たまには母に電話してくれよ!では。』

※兄は一口馬主として年間4・5頭の馬を所有し続けています。その一頭が出走するという情報でした。
※( )書きは内容を補足するために書き加えたものです。


このメールには二つの興味深い点があります。その一つは、すでに依存症を克服して半年近く馬券を購入していない私に届いた勧誘であるという点です。昔なら、競馬場に向かう意欲をより掻き立てていた要素でありながら、今では「めんどくさい」という感じになっている自分にびっくりしています。このメールに対してどうしたかは、下段の画像と共に記載しています。

二つ目は、「シュッとした」という言葉ですね。関西の人以外にはわかりにくい言葉だと思います。その意味は、スマート、カッコいい、あか抜けている、イケメンなどの意味で使われる言葉です。「あいつ、シュッとしとるな・・・」こんな感じでしょうか?(どうですか、某大阪の姐さん?)
兄はこの言葉を使って、愛馬の出走前の練習(追い切り)をみて、いつもより体が引き締まっているということを伝えたかったんだと思います。故郷を離れて35年も経つのにもかかわらず、「シュッと」という言葉を聞いただけで素直にそれをイメージできるのが不思議です。普段は全く使っていないのに・・・。


さて、昨日はランニングシューズを買うために新宿のビクトリアに向かいました。

image.jpeg

image.jpeg


image.jpeg


こちらであれやこれやと履き替えてみたのですが、日本製(ミズノとアシックス)のスーパーワイドタイプのシューズしか私の足にフィットしませんでした。ただ、そのデザインがどうも気に入らなくて買うのを断念しました。いろんなメーカーを見た中では、やはり先日ニッキーさんがご紹介されていたOn製がダントツでかっこよかったです。残念ながら、カッコいい海外メーカー製は、私の足にはすべて窮屈過ぎました。学生時代に、柔道をやっていたからかもしれません。(T T)

そして、前段でご紹介した兄からのメールの件です。私の母親を義理の姉とともに面倒をみてくれていること、また私の幼少のころから何かと世話をしてくれたこと、そんな兄からの情報をさすがに無下にすることはできず、久しぶりに馬券を買うことにしました。当然、該当レースだけです。丁度ビクトリアの50メートル先にWINS新宿があります。こちらで、人気馬を頭に兄の馬を絡めながら、合計3,200円を投資しました。結果は、兄の馬は掲示板(5着まで)にも載らず惨敗でした。私の馬券はというと複数通り買っていたことが功を奏して当たっていました。が、ガチガチの1番人気で決まったため、80円の損失。まっ、兄孝行できたと満足した次第です。
image.jpeg



(おまけ)以前、JUNKOさんが上京されていた時にに写されていた場所

image.jpeg

                      (おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

[オン] On ランニングシューズ Cloudsurfer Men's

[オン] On ランニングシューズ Cloudsurfer Men's

  • 出版社/メーカー: On
  • メディア: ウェア&シューズ


「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム


nice!(120)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感