So-net無料ブログ作成

漢字のプレゼント [Recommended Books]

先日のトラブルの影響で、設立以来初めて株主総会を30日というどんづまりの日に開催することになりました。毎年この日だけは、苦手科目のテスト用紙が配られてくる時のような不安と緊張感に包まれます。今回も同じような緊迫した中でスタートし、結果は予定時間を若干オーバーしただけで、ほぼシナリオ通りに終了いたしました。

ほっと一息ついたところに、このタイミングを見透かしていたように突然私の前にデスクトップPCを連想させる箱が届きました。開けてみると、こちら↓↓でした。

image.jpeg



image.jpeg



お昼休みにスカイプを発信したところたまたま繋がったので、すぐにお礼を言うことが出来ました。このプレゼントの贈り主は、先のトラブル処理を一緒に粘り強く交渉してくれた中国の友人、というよりも戦友であるKさんです。彼は中国の一流大学をトップ3の成績で合格し、TVのニュースで紹介されたというほどの逸材です。しかも日本語・英語が堪能で、かつユーモアも分かる好人物です。彼とはもうかれこれ3年近くの付き合いで、仕事だけではなく、会うと必ず中国の歴史や漢字の話題で盛り上がります。お酒が入るとさらにその話題に火が付き、つい私が知っているマニアックな中国の歴史を振り向けると、彼は「悔しい」という表情になり、どんどん議論が熱くなっていきます。おそらく、そんなことが今回のプレゼントの背景になっているのだと思います。


image.jpeg


表紙は日本語の漢字にすると「中華成語典故」になります。漢字なので何となく意味が伝わってくると思いますが、簡単にいうと古代中国から伝わる物語を簡潔に表現した言葉、熟語の辞書といったところでしょうか。日本語でも「故事成語」という言葉がありますね。それです。
具体的な例をあげると、皆さんがご存知の「四面楚歌」「三顧の礼」「臥薪嘗胆」「呉越同舟」「玉石混交」「疑心暗鬼」そして、「矛盾」などなど、それぞれの言葉のストーリーを著した中国語のみで書かれた本です。

では、中身をちらっと見てみましょう。表紙を開けて・・・

image.jpeg


熟語にまつわる物語を絵にしたものが最初の2~5ページに描かれています。

image.jpeg


目次は画数順で表示されています。ただし、日本語表記ではないので日本語辞書のようにはいきません。

image.jpeg



ペラペラめくっただけなので、簡単な熟語だけご紹介します。まず、「起死回生」

image.jpeg




これは、「傍若無人」でしょうか? 後で調べておきましょう。

image.jpeg




ついに出ました。これがなければ意味がありません。「矛盾」です。日本語の「自己矛盾」です。

image.jpeg



最後に、この4巻のお値段は360元、日本円で6,000円。Kさんによるとネットで1,000円+αだそうです。中国の都市では日本では考えられないくらいネットビジネスが発達しており、値段の格差も激しいと聞きました。夕食の出前までネットで注文し、カード決済するのが常識だそうです。日本人には嘘のような本当の話です。


image.jpeg


今日は時間がなかったので数ページしか見ていません。次の日曜日には、ゆっくり時間をかけて1ページずつ丹念に見ていきたいと思います。この本をテーマにすればブログ更新が簡単になりますが、私のブログ主旨とはかけ離れておりますので、面白い熟語に出くわした時だけご紹介するつもりです。

※次の休日が待ちきれなくて、身体中が”むじゅん、むじゅん”(横 濱男さんからのプレゼントワード)してきました。今日は、これまで。^^



世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

贈り物

贈り物

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: wandering note / VAA
  • 発売日: 2014/03/26
  • メディア: CD



nice!(150)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

マークⅡ [Recommended Books]


yjimageU8JN9YWD.jpg



今朝の日経朝刊のコラム「春秋」に、私が好きな拓郎さんの2年ぶりのコンサートが紹介されていました。

次のような内容です。
70歳を迎えたシンガー・ソングライター吉田拓郎さんがこの秋、2年ぶりのコンサートを開くそうだ。昔風に言うなら古希のステージである。「人生七十古来稀(まれ)なり」。杜甫が読んだ詩にちなむ言葉だが、往時はその年まで生きる人などほとんどいなかったのだろう・・・(この後は、取るに足らぬ内容なので省略)

私は、5歳と7歳離れた二人の兄の影響で中学生時代から彼のファンでした。良かったのか悪かったのか分かりませんが、物の見方や感じ方は、彼からかなりの影響を受けて育ったと思っています。今日は、たくさんの好きな曲の中から、今思いついた曲を少しだけ並べてみます。


マークⅡ
曲の構成をしていた時に、たまたま喫茶店の前をトヨタマークⅡ(車)が走っていて、それを曲名にしたということを聞いたことがあります。高校生の頃、最初の一行目を聴いた瞬間に山に囲まれた播州の田舎街から表参道青山通りまで自分のイメージが一気にぶっ飛んでいました。

さよならが言えないで どこまでも歩いたね
街明かりさえ消えて 足音が淋しいよ・・・・

で、最後の歌詞が、

年老いた男が 川面を見つめて 時の流れを知る日がくるだろうか

私はそらでこの曲を歌えるほど歌詞がしっかり頭に入っていたはずなのに、この最後の歌詞の意味を今まで考えたことがありませんでした。こうやって、ブログに書いて初めて冷静にこの歌詞を感じ取ることが出来ました。おそらく、自分自身の頭の中は未だ学生時代となんら変わりなく、第三者的に自分を年老いた男として見ていなかったためだと思います。やっと今になって、時の流れを知った ということでしょうか。


元気です   You Tube https://www.youtube.com/watch?v=qurhZEXWIOc
この曲は、数年前TVの芸能人クイズ番組によくでていた宮崎美子さんがミノルタ一眼レフカメラのCMで人気が出た後、彼女が主演したTBSの連続ドラマ「元気です!」の主題歌でした。私はこの曲が気に入り、そのTVドラマが始まると当時愛用していたAIWAのラジカセをTVに近づけて録音をしていました。めちゃ、アナログですね。You Tubeで、宮崎美子さんの若かりし頃がご覧いただけます。


伽草子 You Tube https://www.youtube.com/watch?v=RRnIaMg608o 
この曲はZONEという女性バンドがカバーしています。素人っぽくてあまり上手でないところが気に入っています。拓郎さんが歌うよりも可愛い曲になっています。


ぽろぽろと You Tube https://www.youtube.com/watch?v=HaywOh-9FyI
こちらの曲は石野真子さんの曲です。作詞阿久悠、作曲吉田拓郎、そして編曲は元「はっぴいえんど」の鈴木茂といった超豪華メンバーによる作品です。あまり名曲として取り上げられることはありませんが、私にとっては十分名曲の一つに入る作品です。また、私がこれまで実際にコンサートに行ったのは、石野真子さんの1回(高校時代)だけです。クラシックは仕事の付き合いで何度が行く機会がありましたが、それ以外は全くありません。そんな、何十年にも亘ってファンでありつづける二人の合作は、外せない曲です。
※上のYou Tubeで真子さんの弾き語りを聴くことができます。開始10分後から始まりますので、最初の場面は飛ばしてご覧ください。必見ですよ!


以上、この他にも「落陽」「イメージの歌」「人生を語らず」「流星」、そして中島みゆきさんの「永遠の嘘をついてくれ」などなどご紹介したいものがたくさんありますが、今日は取りあえず思い浮かんだものだけを取り上げました。

それでは、皆さま、落陽を眺めながら素敵な日曜日をお迎えください。ジャーン、ジャン、ン、ジャンジャン、ジャガ、ジャーン、ジャン、ン、ジャン、ジャン・・・・(おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

元気です。

元気です。

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2006/04/05
  • メディア: CD


nice!(103)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あのタコからの卒業 [閲覧数TOP30]

今朝起きて、リビングから聞こえてきたカミさんの声がいつものトーンと違っていました。次男が今日持っていくお弁当についてでした。

カミさん:「あのね、お母さん〇〇に謝らなければならないの」

次男:「なにを?」

カミさん:「おにぎりに塩を付けるの忘れてたの・・・」

次男:「ふーん、それだけ?」

カミさん:「海苔は巻いてるけど、美味しくないと思う・・・」

次男:「いいよ、おかずがあれば大丈夫だよ!」

カミさん:「卵焼きとミートボールとウインナー、それと少しお野菜入れといたから・・・」

次男:「・・・・・、また、あれ?!タコのやつ?」

カミさん:「そやぁ~、ウインナーはタコに決まってるでしょ!!」

次男:「いつ決まったんだよ、そんなこと。あれ見られると恥ずかしんだよ、幼稚園じゃないんだから・・・」



次男は昨日、京都・奈良の修学旅行(二泊三日)を終えて帰ってきたばかりです。休む間もなく今日は朝早くからクラブの大会でした。昨夜その修学旅行の感想を聞いたところ、気温33℃で非常に蒸し暑かったそうです。そして、彼の感想のひとつが「京都は秋だね、紅葉の季節がいいと思うよ!」でした。

これにはびっくりしました。いつの間にそんな感性を身につけたのか、子供の成長は早いと言いますがそんな大人びた台詞が出てくるとは思ってもいませんでした。おそらく、銀閣寺からの哲学の道を指しているのだと思います。

こちら(下の画像)が、彼が買ってきたお土産。定番の八つ橋とカミさんが好きなお茶。私が欲しいと言っていたキーホルダー的なものは予算オーバーで買えなかったということです。

image.jpeg

image.jpeg


image.jpeg


「哲学の道と言い、カミさん好みの日本茶と言い、もう彼はタコウインナーから卒業だね!お母さん!?」



(おまけ)
明日からまた忙しい日々がやってきそうです。今月こそは月末のドタバタがないように真面目にコツコツやろうと思っています。そんなことをあれこれ考えながら、今日の晩酌の友はチーズはんぺんでした。

それでは、皆さん、下期のスタートです。頑張りましょう!

image.jpeg


                      (おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

おむすびニャン A-76423

おむすびニャン A-76423

  • 出版社/メーカー: アーネスト
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(125)  コメント(16)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

KENTのアーカイブス2 [薄っぺらさん]

今日の午前中は、眼の定期健診でした。こちら↓↓↓が2回目の眼の手術からお世話になっている総合病院です。

image.jpeg

月曜日ということでかなり混んでいると予想していましたが、意外なことに普通の込み具合でした。

image.jpeg


それでも、受付票を取得してから終了まで、いつも通り2時間近くかかりました。


image.jpeg

病気を自慢するつもりはありませんが、私の左目はほとんど見えていません。今日、ドクターと話し合った結果、覚悟を決めて三度目の手術に踏み切ることにしました。術後は1週間ほどお風呂に入れなくなるので、夏場を避けて涼しい11月に行うことにしました。

一回目の手術は、最初の診断が単純な白内障ということから、何も気にせず仕事の都合を優先して日帰りコースにしました。その後いろいろな病状の変化を経て、昨年の夏に10泊入院の2回目の手術を実施しました。今日のドクターの話では3回目は2泊で済むということなので、前回ほど構えることもないと思っています。ただ、前回の手術で経験した「自分の眼にメスが入ってくる感覚」と「入ってきたメスが自分の眼で見えてしまうという不思議な現象」を再び経験しなくてはなりません。その恐怖感と現状で何とか生活できているという点から、先延ばしするという考え方もありました。

それが、帰宅して、妻のひとことで覚悟が決まりました。妻曰く・・・

「顔が変形する前にやっといた方がいいわよ。片目が見えないと顔の形が変わるんだって・・・」

どこから仕入れた情報かはわかりませんが、妙に納得した次第です。それでは、
今日の眼科に因んで先の恥ずかしいアーカイブスの第2弾を再掲させていただきます。皆さん、くれぐれも眼を大切に!


--------2016.3.17--------------------------

先日から左目の調子がおかしいので、半日休暇をもらって眼科に行くことになりました。
花粉症で目をこすり過ぎたのが原因かもしれません。


                                                            (某総合病院受付)
image.jpeg

最初はそのうち治るだろうとのんきに構えていたところ、女房がひとこと…

"You'd better see a do tor right away."

突然ですが、ここからDuo3.0です。
この私の聖書は、単なる単語帳ではありません。
ちょっとした解説が非常に気が効いています。
例えばこの「 had better do ... 」について次のようなお言葉が書かれています。

【動詞】…した方がいい
相手に対して使う場合、立場的に自分より上の人やプライドの高そうな人には使わないほうがいい。軽い気持ちの提案なら、Why don't you...?、Maybe you should do...などがいい。

ということは・・・
うちの女房は私より立場が上で、しかも私にはプライドがないっていうこと?!

なお、診察中、上の女房のセリフにスペルミスがあることに気付きました!
皆様、目をお大事に  (^^)/~~~

スィー、 いや 右です!
image.jpeg

(おわり)

 


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

DUO 3.0

DUO 3.0

  • 作者: 鈴木 陽一
  • 出版社/メーカー: アイシーピー
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本



nice!(115)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

参議院選挙はもうやめましょう! [Politics]

今日お話ししたいことは、タイトルのままです。

「なんで必要なの?」と選挙のたびにネタにされている参議院議員さんたちではありますが、憲法に規定された立派な国会議員のはずです。しかし、私はやめたほうがいいと思います。その理由は、誰一人として日本の財政についての危機感を国民に訴えようとしていないからです。
国家財政は、憲法改正よりも重要な課題です。なぜなら、歴史が証明するように「大戦争」が起きる主たる要因は、宗教でもなく、対立国の歴史的な遺恨でもなく、そのほとんどが国家財政の不安定さが背景にあるから(あったから)です。

「消費税を今すぐに20%に上げるべきです。なぜなら・・・」という候補者がいれば、私はその人に投票します。おそらく、当選はしないでしょうが・・・

突然ですが、急にめんどくさくなったのでこの話は、これでおわりにします。




(続いておまけです)

今日の昼食は、半年ぶりの吉野家でした。大盛り牛丼とサラダを頼んだところ、サラダの器と中身のバランスが難しく、キャベツをドレッシングで混ぜ合わせようとするたびにコーンがコロコロこぼれてしまいます。

image.jpeg





ひさしぶりにいただいた割引券。今月、もう一度来る必要があります。吉野家さんの狙い通りです。

image.jpeg




それでは、本日締めのお夕飯です。

いつものように夕刊を片手に晩酌を楽しんでいたところ、半ば強引に大盛りの冷やし中華(2.5人前)が目の前に出てきました。

image.jpeg



具を乗せるのはセルフサービスです。自分流に丁寧に飾りつけるのも、この料理の楽しみのひとつです。

image.jpeg

(中華だれ)
 
image.jpeg


具の盛り付けをより際立てるように、慎重にたれを注ぎます。この後の無残な姿をしらずに・・・

image.jpeg


ここからがこのお料理の気の毒な場面です。せっかくきれいに装飾した具たちが無残にも濁流に埋もれてしまいます。

image.jpeg

冷やし中華の不憫な運命に同情しながら、ごちそうさまでした。^^


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

¥1000からお支払いのアフィエイトなら◆AccessTrade◆


nice!(109)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

匠の技ここに極まれり [ちっちゃいものシリーズ]

他のブログの影響を受けやすい私の特徴をやっと発揮できる機会が参りました。
 

まずは、こちらです。

image.jpeg



黄色い恐竜ではございません。我が家に舞い降りた一羽の鶴

いかがでしょうか?先生!

m_IMG_4093-289e1.jpg



続きましてというよりも、これでいきなり最後の作品です。先ほど新宿高層ビルの遥か上空を突き抜けていった飛行機をイメージしてみました。この ↓↓↓ 洗練された重厚なフォルムをご覧ください。

image.jpeg




いかがでしょうか?先生!

m_IMG_9903-3fe20.jpg

(おわり)


上の2枚の画像は、ニッキーさんとノエルさんの承認を得て掲載しています。

Copy Right [コピーライト] 2016, Nichy & Noel All rights are reserved


もしかして、ソネブロに折り紙ブーム到来かも??

後は、ニッキーさんまたはゴッドマザーさま、よろしくお願いしまーす!^^


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム





高性能紙飛行機: その設計・製作・飛行技術のすべて

高性能紙飛行機: その設計・製作・飛行技術のすべて

  • 作者: 二宮 康明
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2013/10/11
  • メディア: 単行本

nice!(123)  コメント(20)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

不埒な彦星 [murmur]

残念ながら、折り紙ブーム到来は不発に終わったようです。わざわざコメントを下さった皆様にお礼を申し上げるとともに煩わしい思いをさせてしまったことを謹んでお詫び申し上げます。

すべて、私の発信力のなさが原因であると率直に反省しているところでございます。今後は、ご訪問頂いた方々にご負担をかけるような行為は一切慎み、なるべくメッセージ性のない無味乾燥なブログにする、ようなことはしません!引き続き、よろしくおねがいいたします。^^

image.png


さて、今日も暑い一日でした。昼食に行く途中、スーツの上着と鞄を抱え、足早に私の前を通り過ぎていくサラリーマンを見て、思わず「頑張れよー」と声をかけたくなりました。まだまだ、スーツが必要な会社があるんですね。最近の異常気象からすると、上着を着ていない、ネクタイをしていない、はマナー違反にはならないような気がするのですが、皆さんはどう思われますか?

そんな暑い今日は七夕でもあります。子供の頃、笹に飾り付けをして、短冊に願い事を書いていました。今振り返ると、実現しそうもない願い事ばかりで、結局なにも実現していません。特に「賢くなりたい」は、見事に叶いませんでした。

今更ご説明するほどのものではございませんが、七夕の物語は、天の川の両岸にいる織姫と彦星が年に一度だけ、77日に会うことを許されたという中国から伝わったお話しです。簡単に解説すると、毎日二人がくっついていると、ろくでもない、〇ッチばっかりして、仕事を怠けてしまう。そこでお優しいはずの神様が年1回しか合わせなかったという、先ほどの真夏にネクタイをしなければならない会社にも似た、非常に不合理なお話しです。もし、私が彦星で、且つもう少し若ければ、おそらくユンケルを1ケース買い込んで、丸一日部屋から出ることはなかっただろうと思います。こんな不埒な考えが浮かぶ輩に発信力がないのは当たり前のことですね!・・・と反省しながら、本日はおわりです。

                 
              「織り姫さま、来年も会いましょうね!」

image.jpeg

                                  
                               
 (おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

スキルアップ年金相談 [ 年金マスター研究会 ]


THE HITS~No.1 SONG COVERS~

THE HITS~No.1 SONG COVERS~

  • アーティスト: 伊秩弘将,織田哲郎,草野正宗,中島みゆき,TAKURO,松任谷由実,松本隆,吉田美和,松井五郎,岩里祐穂
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/08/19
  • メディア: CD



nice!(128)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

選挙という矛盾 We tend to associate politicians with hypocrisy [Duo3.0]

image.jpeg



いよいよ明日が投票日です。

先日、もうやめたらどうですか?という一見投げやりな記事を書かせていただきましたが、今もその気持ちに変わりはありません。

そもそも、嘘をつかないと当選できないという選挙の実態こそが一番の問題なのです。政治家イコール嘘つき、偽善者にさせているのは有権者である我々自身であることを認識しなければなりません。前回申し上げましたとおり、今の日本においての喫緊の課題は、健全な財政を取り戻すことです。(日本の国債はそのほとんどを日本国民が買っているのだから借金ではないなどという暴論はほっといて、)企業でも家計でも同じで、入ってくる額よりも、出ていく額が多ければそれは借金で賄うしかありません。累積債務がGDP2倍を超えているという現実から目を背けちゃダメなんです。

このままでは、苦労して稼いだ給与の半分が国に吸い上げられる時代がきます。そうすると多くの人が働く気をなくし、心が廃れ始め、暴動・内乱を経て必ず戦争が起きます。呪文のように憲法九条を云々する前に取り組むべきことが財政の立て直しであり、そして、そのことを多くの日本国民に理路整然と分かりやすく説明できる能力と胆力をもった政治家が必要なのです。

しかし、この話が始まると決まって「まずは、役人の無駄遣いをなくすべきだ!」というもっともらしい理論が(間違ってはいませんが)持ち出され、最優先事項であるはずの財政問題が霞んでしまいます。年金も同じです。このままでは社会(保障)制度から保障という言葉が抜け落ちた将来の不安を煽るだけの制度になってしまいます。

何も手を打つことなく借金だけが増え、将来に持ち越した大きな荷物を片付けようとせず、目の前の損得だけで政治家を選び出す。そして有権者に心地よい嘘をつく候補者たちだけが当選し、形式だけの議会を構成する。一応民主的な手続きを経ているので真っ向から否定することは出来ませんが、平気で嘘をつく人達の議会が国家のために正常に機能するとはとても思えません。

もう一度繰り返します。このまま財政が悪化し続けると、最終的には平和主義、九条神様という理念をありがたく崇め奉っていながらも、必然的に戦争に突入することになるのです。ここに「選ぶ矛盾×選ばれる矛盾=戦争という矛盾」という誰も聞いたことがない自然真理の方程式が成り立ちます。

ぐだぐだと申し上げましたが、願わくば、自分の頭で考え、自分の意志で行動するという投票日であってほしいと思います。

「消費税を今すぐに20%に上げるべきです。なぜなら・・・」という候補者がいれば、私はその人に投票します。おそらく、当選はしないでしょうが・・・(おわり)


(追伸)財政問題の重要性を有権者に分かりやすく説明できる若手で、かつハンサム(ここが大事)な政治家が現れることを私は密かに期待しています。


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

図解わかる年金(2015-2016年版) [ 中尾幸村 ]



NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラック 総集編

NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラック 総集編

  • アーティスト: 久石譲,外山雄三,東京ニューシティ管弦楽団,NHK交響楽団
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2012/02/22
  • メディア: CD




「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム
nice!(117)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏といえば、おでん! [食す]

昨夜は、都心の隠れ家のようなおでん屋さんで半年ぶりに会う友人と一杯いただきました。

お店の周辺だけ、いまだ「昭和」の香りを残す不思議な雰囲気のお店です。地下一階にあります。

image.jpeg



約束の10分遅れで到着すると、このお店にお忍びで来た有名芸能人の話題で友人、店主、店員の3人で大盛り上がりの状態でした。今日は選挙や経済などの渋めの話を予想していたのが、のっけからミーハーな話しだったので、波長を合わせるまで少し時間がかかりました。

                    
                  まずは、お通し

image.jpeg


             右側にある貝は、「ながらみ」

image.jpeg


                  お刺身

image.jpeg


                ビールの後は芋焼酎

image.jpeg


          さりげなく、くまモンと一緒にいただきます

image.jpeg


                  いわし

image.jpeg



         彦星にはスタミナが必要ということで、ウナギの肝

image.jpeg


         イカのげそ揚げです。
         珍しく足が見えない状態で揚げてあります。


image.jpeg


              そして、夏のおでんです。

image.jpeg


            味が染みていて、美味いっす・・

image.jpeg

               
               
               トロトロの昆布が美味!

image.jpeg


                とろとろ~~です。

image.jpeg


           

               仕上げがおわんで終了
                 
                ごちそうさま!

image.jpeg



             午後5時10分からスタートして、
             終了したのが11時10分でした。
             急に昭和から現代に戻った感じでした。

image.jpeg


                       (おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

相談員の疑問に答える年金相談事例集 [ 澤山秀明 ]




nice!(105)  コメント(20)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

天は決してあなたを見捨てない! [サボテニ]

(2016年7月10日 SUN)

今朝は絶好の洗濯日和だったので、カミさんは大喜びで冷房を切って、窓という窓を全開にして、鼻歌まじりに部屋から部屋へとスキップをしていました。私はこのムッとした暑さから逃げ出したくて、朝食は喫茶店でとることにしました。

喫茶店での朝食と言えば、アイスコーヒーとハムサンド、定番ですね。この二つ、非常に仲の良いコンビネーションです。
image.jpeg



午後、新宿での買い物を終え、冷房が再開した家に戻りました。夕食までの時間を潰すために、缶ビールを飲みながら中国語の本を斜め読み。ビールと言えば、お相手はから揚げくんで決まり。こちらも絶妙のコンビ、二つは親戚みたいなものです。

image.jpeg



我が家の植物にもそれぞれに良いコンビがいます。まずは、葉っぱさん同士、固い友情で結ばれています。

image.jpeg


多肉さんのお二人は、いつものおしゃべりで盛り上がっているご様子。箸が転んでもおかしい年ごろのお二人です。

image.jpeg




            一方、ダイサボさんはというと、あれ?独りぼっち

image.jpeg



             孤独を思いっきりひとり占め・・・

image.jpeg





        でも、天はダイサボさんを見捨てていなかった

            じゃ、じゃ~~~ん!

image.jpeg


                  (嬉しそうですね、おわり)

明日から新しい一週間の始まりです。仲間と一緒にがんばりましょう!(^^)/~~~


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

「使うから貯めるへ」を応援するアフィリエイトプログラム

図解わかる年金(2015-2016年版) [ 中尾幸村 ]


こどもたちに-友情のデュオ

こどもたちに-友情のデュオ

  • アーティスト: アルゲリッチ(マルタ),プロコフィエフ,ドビュッシー,ショパン,伊藤京子
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/09/27
  • メディア: CD


                                        あっ、大事なお二人を忘れておりました。

image.jpeg

nice!(132)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感