So-net無料ブログ作成
検索選択

浅田真央さんの引退で考えた、誰もが口に出して言わないこと?! [考えるシリーズ]

最初に断っておきますが、今日の記事は私自身の人格を疑われてしまいそうな内容なので、出来れば読まないでください。特に女性の方は・・・

浅田真央さんが引退しましたね。連日のようにテレビや新聞を賑わしています。彼女は冬のスポーツ、いやすべての競技者の中でも日本史上最も愛され、輝き続けたヒロインだと言っても過言ではありません。

私が最初に彼女を見たのは、ジュニアを卒業して間もない頃のグランプリファイナルだったか、もしかすると日本選手権、NHK杯だったか忘れてしまいましたが、その大会を初優勝した時の演技でした。まさにニュー
ヒロイン誕生を強く印象付ける瞬間だったと記憶しています。フィニッシュでスカートの裾をパタパタっとはじく例の振付です。

彼女の人気は華麗なステップと難易度の高いジャンプ、そして彼女全体に漂うとびきりの清潔感によるものだと思いますが、一番の決め手は何と言っても「顔」と「真央ちゃん」という名前のシークエンス、否、コンビネーションです。特に、日本人に最もうけるパターンの「顔」が全てといっても良いかもしれません。これが、もしお笑い芸人の〇〇さんの顔だとしたら、金メダルを何個取ろうと、優勝を何度繰り返そうと、彼女ほどの人気にはならなかったでしょう。名前もしかり、「徹子・花子・虹子・紗理奈・はるみ・・・・」ではあの顔にはフィットしません。やはり、「真央ちゃん」がピッタリ。

こう考えると、フィギュアスケートは努力以上のものが必ず必要になるというある意味過酷で残酷な競技なのかもしれませんね。今日はこれでフィニッシュです。(^^)/~~~

IMG_5696.JPG


100GB無制限レンタルサーバー【X2】


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

むくみ、たるみ、二重アゴに「小顔」体験キャンペーン!<エルセーヌ>


 


nice!(144)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感