So-net無料ブログ作成
検索選択

政治の未来予想図 [Politics]

本日は面白くなかろうが、反響が小さかろうが、政治ネタを断行します。

hato.jpg


変なおじさんであることが分かってしまった籠池氏は見事に一発屋で終わってしまいましたが、それに続いた加計学園疑惑と都議選の惨敗により、いよいよ安倍1強体制が揺らぎ始めたとマスコミが大騒ぎしています。

果たして1強状態というのは悪いことなのでしょうか。ある意味政治が安定しているといえなくはないはずです。
とはいえ、在任期間が5年を超えていることを考えると一区切りするには良い時期だと思います。それは、昔と違って今の時代は5年もすると目まぐるしい技術の進歩により国内産業や世界経済の情勢が大きく変貌します。この変化に対応して、自らの政治理念を柱とする計画を実行するには5年という期間が丁度良いのです。

最近になって「ポスト安倍」として、真面目で人の好さそうな雰囲気だけの岸田外務大臣と仕事が出来そうだけどちょっと強面(こわもて)の石破さんの名前が挙がってきていることは一定の評価ができます。なぜならば、与党内
から新陳代謝を促すような動きがあることは組織内に健全な機能が備わっているということに他なりません。別の角度からいうと、安倍政権前三年余りに亘って繰り広げられた「民主党政権という世にも恐ろしい実証実験」の効果がここにきてやっと現れ、自民党内の新陳代謝に結びついたと考えることができるのです。

それでは今日の結論、私が描いた未来予想図は次のとおりです。
安部さんの後は岸田さんです。しかし、真面目なだけでは政治は動きません。結局新内閣発足後まもなく野党からの「あまりにも頼りないという印象操作爆弾」を投下され急激に人気が低迷し、仕方なく石破内閣が誕生することになります。強面で迫力があり且つ理知的な面から人気を博し順調なスタートを切ったかに見えたが、強力な軍備を背景に強引な外交を展開する米中露の圧力に怯んでしまい、徐々に気弱な面が露呈し、混乱の中解散総選挙を迎えることになります。

その間、現官房長官の菅さんと何を言っているのかさっぱり分からない麻生派の長である現財務大臣をバックに水面下で動いていた小泉進次郎氏が新内閣構想を大々的に発表します。その主要ポストには都民ファースト議員の任期が迫る2020年に国政に再登場することになった小池都知事と橋下徹氏の二人の名前が挙がり、官房長官候補として名の挙がった野田聖子先生はテレビ画面に向かってにっこりうなずく。

そして、2020年KENT0mg氏が都議選に(※)条件付き出馬を表明し、東京オリンピックの開幕を迎える。[ぴかぴか(新しい)]
※条件付き出馬とは、100円玉貯金総額が選挙資金の必要最低額を超えるという条件付きの出馬をいう。

皆様、数年後に政治が面白くなりますよ~ (^^)/~~~









nice!(143)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感