So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

山尾志桜里議員と滑り台 [言葉について]

滑り台上で自転車を利用することは法律によって固く禁じられています。たぶん・・・

2017/7/23 自宅近くの公園で撮影)

IMG_6918.JPG


IMG_6919.JPG

皆さま、大変ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか?

ブログを休止して早や一か月が経とうとしています。実は今日から予期していなかった大型連休(三連休+前3日)を頂くことになり、多くの暇な時間を無駄に過ごすのはいかにも勿体ないということで、急遽一日だけ復帰することにしました。

まずはご報告として、今回ブログをお休みする原因となった仕事についてですが、私はカルロス・ゴーンでも稲盛和夫でも、ましてや経営の神様松下幸之助でもございませんので、自分の実力以上の成果はもともと見込んでおりません、というか現実は負け越しが続いています。それでも残された時間内で、悪くても87敗までには持っていくつもりで頑張っているところでございます。

さて、今日は久しぶりということもあって、ついリキんでしまいそうなところを敢えてはやる気持ちを抑えながら、昨今テレビ等でよく目にする不倫について個人的な雑感を書いてみます。お時間がございましたら、少しだけお付き合いください。

休止前の記事で元スピードの上原多香子さんを取り上げたと思ったら、その後も新しいスキャンダルが次から次へと出てきました。その中でも注目すべきは、やはり初代アニーの山尾先生ですね。
どうしても”頼りない感”が付きまとってしまう松下政経塾出身の新党首が、あろうことか彼女を党の要である幹事長に抜擢するという、まさに自転車に乗って滑り台を登るような暴挙に出てしまったわけですから、保育園よりも落ちる可能性が高いのは火を見るよりも明らかです。まっ、あの蓮舫女史を党首に担ぐような政党ですから何をか言わんやということになりますが、不倫スキャンダルのネタとして捉えてみると、大変なインパクトがあります。元は女性検事、今や党を代表する女性代議士と若手イケメン弁護士の不倫ともなれば、あっという間に濃厚な大人のラブストーリーが出来上がり、宮迫くんや斉藤由貴さんのそれと比べるとユニクロとエルメスほどの差があるように感じられます。

ただ、どんなにネタとして面白かろうが、政治家が人の道を外すような行為をしてはいけません。私はフランス人ではなく純血の日本人なので、政治家たるものはいかなる場面においても人から後ろ指をさされるようなことがあってはならないと信じています。

ところで、浮気と不倫とではどのような違いがあるのでしょうか?

一般的には「浮気」は既婚者であっても未婚者であっても、他の異性(※)とエッチをしてしまったときに用いられ、「不倫」の場合はどちらか一方、あるいは両方が既婚者でありながら他の異性とエッチをしてしまったときに用いられます。これを別の角度から表現すると、そのエッチがどんなに本気モードであったとしても「浮気」は「浮気」であり、仮にそれがほんの数分で終わってしまった即席エッチであったとしても、「不倫」は「不倫」であるということです。
※同性でもありだと思いますが、一般的には異性という表現が多く使われています。

また、法律上では「浮気」、「不倫」という言葉はなく、「不貞行為」という用語が使われます。ただし、これは完全なるエッチ、すなわち肉体的結合を伴った性交渉に至らなければ不貞行為とは言えません。換言すると、手を繋ぎ、チュッチュしながら一夜を共にしたとしても不貞行為には当たらず、カップヌードルにお湯を注いで待っている時間内に終わったとしてもその作業は不貞行為に当たってしまう(慰謝料の支払い義務が発生する)ということです。私にはこの法律上の定義が、いまひとつ腑に落ちません。

と、まぁ相変わらずの真面目一辺倒な記事になりましたが、本日はこれで終了です。

それでは、来月再び皆様とお会いできる日を楽しみにしながら、
さようなら (^^)/~~~ 








nice!(197)  コメント(60) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ