So-net無料ブログ作成
検索選択
考えるシリーズ ブログトップ
前の10件 | -

ブログ高校講座第3回(簿記3級)兄貴に一言物申すの巻 [考えるシリーズ]

兄貴のおん為に一言申し候なり エリンギ

頑張っての応援.jpg

 


kent
次の画像は今朝兄貴が嬉しそうに満面の笑みを浮かべながらアップしたものです。(100円玉が40枚)

IMG_6231.JPG
「塵も積もれば山となる」という兄貴の心意気は理解できたとしても、「画竜点睛を欠く」と申しましょうか、この兄貴の行動には大きく欠落した部分が存在しています。ここは兄貴のために一肌脱ぐ覚悟で恐れながら一言申し上げる次第に存じます。

簡単に申しますと、
兄貴は単に100円玉を毎日袋に入れているだけなのです。そもそも貯蓄という概念は将来に向けた生活の保全でなければなりません。さらに言うと、例えば10年後にトータルいくら手元に使えるお金が残っているかが大切なのです。ここまでくると、皆さんももうお気付きですよね。

つまり兄貴が毎日袋に入れている100円玉は、自分の手元から離れていく(支出される)はずの100円玉でなければ意味がありません。複式簿記をご存知の方であればすぐにお分かりになるでしょう。そもそも借方にくるはずであったファミマのアイスコーヒーSサイズ100円)という費用損失の発生を我慢したうえで、次の仕訳が必要になるということですね。

 

借方(Dr.)巾着袋 / 貸方(Cr.100円玉

 

以上、兄貴が真の小銭持ちになりますように!

皆様、素敵な週末をお過ごしください!さようなら (^^)/~~~



※エリンギくんはドラマ研究家のB・P先生の制作によるものです。
 








nice!(146)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

支援という矛盾について考える [考えるシリーズ]

今日は気になったニュースを一つだけ
政府系の金融機関である商工中金に金融庁が立ち入り検査に入るというもの。商工中金で不正融資が発覚したらしい。その不正は、2008年のリーマン・ショック後、経営難(震災によるものも含む)に陥った中小企業を救済するために国によって実施された制度を悪用したものらしい。

kent0mg
shoukouchuukinn.jpg
ここで私の心に引っかかったのは、融資する側と受ける側が一緒になって企業の業績をその制度の対象となるように改ざんして「悪く見せかけよう」としていたという点です。ここで、冷静に考えてみましょう。ちょっと変だと思いませんか?融資を受ける側が自分の会社を悪く見せる、しかも、銀行と協力して。まっとうなバンカーなら、上司に言われたとしても矛盾を感じて積極的にはなれないのではないでしょうか。

「うちの最近の売上はさっぱりです。


「どう頑張っても、赤字ですね。」

「これを見てください!こんなに業績が落ち込んでるんです。ひどいと思いませんか?!」

「こんな業績で、果たして会社と呼べるのでしょうか?」

「このままだと、間違いなく倒産です。」

「将来なんて、ありませんよ!」

(銀行側)「おぉ・・これは非常にいい感じのひどさですね。はい!これなら全く問題ありません。」


このような会話で融資の話がまとまるわけです。やっぱ、変ですよね。商工中金の担当者さんは経営能力のない会社、つまり返済能力のない会社に仕立てて、融資の稟議を一生懸命を書いていたわけです。金融庁が検査すべきは、この制度の方だったのではないでしょうか。

誤解があるといけないので補足しますと、今回のこの緊急支援制度を活用された企業様の中には、この制度によって一時的な難局を乗り越え、見事に復活された企業様も多く含まれていることをお伝えしておきます。単純なお金の貸し借りに支援制度が入ると(財源が税金の場合は特に)矛盾が生じやすい。本日はこれまで

※この制度の詳細な仕組みを承知の上で、敢えて支援の矛盾を強調させていただいております。中身をご存知の方からすると、逆にこの記事に矛盾を感じ取られたかもしれません。何卒、よしなに・・・><

 

(おまけ)三本立つ!

IMG_6145.JPG
(^^)/~~~

 



nice!(147)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スランプ脱出法を考える [考えるシリーズ]

頭の中がこんがらがっているときに、皆さんはどうされていますか?

不安なことがあることだけはわかっているが、それがどのような不安なのかが判別できず、ただ不安だけが頭の中をぐるぐる駆け巡る、それが今の私の鮮やかな黒髪に覆われた頭の中の状態です。

この状態から脱する方法として、課題や問題点を文字にして書き出すというのがあります。

それを先ほどやってみた。

一、〇〇〇〇変更の件

二、〇〇社に対し、〇〇日までに〇〇しなければならない

三、〇〇〇からの〇〇に関する対応

四、・・・・・(箇条書きは九項目まで続いた)

書き出してはみたものの、
まだスッキリしない。

しかし、一つ分かったことがある。それは書き出した課題に対して自分の気持ちが全く向かっていないということ。さらに、それが昨夜の飲酒量に強く相関していることが明らかになったのである。(おわり)

image.png

昨晩、長男が珍しくプレゼントしてくれたのが「JIM BEAM APPLE」です。バーボンではなく、リキュール?最初は甘ったるい林檎の香りに違和感があったが、2杯目から勢いが出てきた。そこで、一度冷静になるべきだった。林檎水盆に返らず



IMG_5916.JPG

つまみはKENT家伝統の味『大根のごま酢和え

IMG_5942.JPG


 

 

(おまけ)2,200円になりました。

IMG_6082.JPG
ほんじゃ、また (^^)/~~~


 


「小顔」体験キャンペーン!リピーター続出【エルセーヌ】









nice!(143)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歩くを考える [考えるシリーズ]

連休明けというのはどうも集中力に欠けていけませんね。上手にギアが入ってくれません。
案の定、本日は集中力がないままに一日が過ぎ、抑揚のないぼーっとした一日になりました。
皆さんはいかがでしたでしょうか?

さて、集中力と言えば、今朝通勤途中に横断歩道を渡っていてふとその昔習慣になっていた変な集中力へのこだわりを思い出しました。おそらく、先日”うっかりくまさん”からいただいたコメントが頭に残っていたからだと思います。そのコメントは、朝の通勤時に遅刻しまいと速足で歩いていて、見ず知らずの人と抜きつ抜かれつの競争になってしまうことがあったというお話でした。

私も半月前のブログに書いておりますが、以前(2年ほど前まで)はかなりの速足でした。特に、先行する集団を見つけると一気に抜き去りたいという衝動にかられ、走らずにあくまでも平然と歩いているように見せかけて抜き去るところに一種の快感がありました。(最近は逆に抜かれてばかりです。これは決して老化現象ではありません。ただ、スーツ姿で速く走るのが嫌いになっただけです。><

で、横断歩道の話に戻します。
それは比較的道幅の広い道路の横断歩道です。広いと言ってもハチ公前のようなスクランブル状態ではなく、あくまでもストレート一本の横断歩道でなければなりません。

その横断歩道には、今まさにマラソンのスタートが始まるかのように多くの歩行者が今か今かと信号が青に変わるのを待っています。ここから、私のパフォーマンスが始まります。なるべくポールポジションに近い位置を確認し、少しずつそちらに移動します。移動できない場合は、人と人とのスペースを目で測り、馬(人)体を合わせやすい隙間を見つけ、抜け出しやすいラインをしっかりイメージします。

IMG_6029.JPG
有効なポジショニングを終えた後、赤信号が青に変わる瞬間を誰よりも正確に、且つ瞬時に捉えようと集中力を高め、そしてゴー!

体一つもしくは頭一つ飛び出すことによって、そのまま渡り切り勝利を手にします。通算成績は勝率8割以上でした。残り2割の黒星は、そのほとんどが「歩くのではなく、走ってしまう相手」に対する敗北でした。

そんなくだらない昔を思い出し、集中力をもってこれからの日々を歩んでいきたいと心に誓った連休明けの月曜日でした。(おわり)



(おまけ)100円玉が中三になりました

IMG_6030.JPG

1,500円なり (^^)/~~~
 


 





エルセーヌ「小顔」体験キャンペーン


100GB無制限レンタルサーバー【X2】




nice!(143)  コメント(23)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

浅田真央さんの引退で考えた、誰もが口に出して言わないこと?! [考えるシリーズ]

最初に断っておきますが、今日の記事は私自身の人格を疑われてしまいそうな内容なので、出来れば読まないでください。特に女性の方は・・・

浅田真央さんが引退しましたね。連日のようにテレビや新聞を賑わしています。彼女は冬のスポーツ、いやすべての競技者の中でも日本史上最も愛され、輝き続けたヒロインだと言っても過言ではありません。

私が最初に彼女を見たのは、ジュニアを卒業して間もない頃のグランプリファイナルだったか、もしかすると日本選手権、NHK杯だったか忘れてしまいましたが、その大会を初優勝した時の演技でした。まさにニュー
ヒロイン誕生を強く印象付ける瞬間だったと記憶しています。フィニッシュでスカートの裾をパタパタっとはじく例の振付です。

彼女の人気は華麗なステップと難易度の高いジャンプ、そして彼女全体に漂うとびきりの清潔感によるものだと思いますが、一番の決め手は何と言っても「顔」と「真央ちゃん」という名前のシークエンス、否、コンビネーションです。特に、日本人に最もうけるパターンの「顔」が全てといっても良いかもしれません。これが、もしお笑い芸人の〇〇さんの顔だとしたら、金メダルを何個取ろうと、優勝を何度繰り返そうと、彼女ほどの人気にはならなかったでしょう。名前もしかり、「徹子・花子・虹子・紗理奈・はるみ・・・・」ではあの顔にはフィットしません。やはり、「真央ちゃん」がピッタリ。

こう考えると、フィギュアスケートは努力以上のものが必ず必要になるというある意味過酷で残酷な競技なのかもしれませんね。今日はこれでフィニッシュです。(^^)/~~~

IMG_5696.JPG


100GB無制限レンタルサーバー【X2】


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

むくみ、たるみ、二重アゴに「小顔」体験キャンペーン!<エルセーヌ>


 


nice!(144)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シリア攻撃の賛成が57%というニュースを聞いて [考えるシリーズ]

(今日は久しぶりに Yahoo News から)
米CBSテレビが10日発表した世論調査で、トランプ政権が6日に行ったシリアへの攻撃について、米国民の57%が支持していることがわかった。反対は36%だった。(中略)トランプ氏の支持率は43%(不支持率49%)で、3月29日発表時の40%(同52%)からやや改善した。34%だった無党派層の支持が42%に上昇したことが主な要因だとしている。(2017/04/11


IMG_5687.JPG


政治に関して色々と偉そうなことを記事にしてきた私ですが、正直に申し上げますと、こういうニュースは私にはほとんど響いてきません。「あぁ~、そうなの?半数以上が賛成ねぇ~、ふ~ん」、こんなものです。
実感というものを持つ術がなく、思考がストップするどころかスタートさえしてくれない。

もし、日本が北朝鮮と戦争をおっぱじめたらどうなるのか。北朝鮮のミサイルが日本本土に飛んできて、一般市民を巻き添えに深刻な被害が出たらどうするの。国会で対応策を激論したり、国連に言いつけたりしている間に、戦火がどんどん広がり続ける可能性が絶対
ないとは言い切れません。


ある程度はアメリカさんが手伝ってくれるでしょう。しかし、かつてカウント9で立ち上がれない状態の相手に対して、コーヒーを飲みながら原爆を落とし、戦闘員ではない一般市民を虫けらのように殺した国の人たちが、果たして日本のために命を懸けて戦ってくれるのでしょうか?

私が今日申し上げようとしていることは、昔からあるこういった議論に対して憲法をどうするこうする、自衛隊はどうなのよ、安保体制は・・・といった話ではなく、今この時、世界のどこかで起きている戦争が日本においても十分起こりうるという現実に対して思考すらできない自分(たち)がいる。このことが恐ろしいのです。まっ、せいぜい日本の悲劇につながらないよう祈ることくらいしかできません。

おそらく、国会議員や投票権をもつ人たちの中には本気で日本の将来を案じ、自分を捨て大義をなすために自らを犠牲にする覚悟を持った方もいらっしゃるでしょう。しかし、私の場合はどうしても「戦争」というものに対する恐怖、危機感さえ湧いてこないのです。なぜでしょうか?!なぜ、何も感じないのでしょうか・・・

「日本が平和だから・・・」は正しい答えではないような気がします。 (おわり)


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!


エルセーヌ「小顔」体験キャンペーン


100GB無制限レンタルサーバー【X2】




nice!(143)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

髪の毛の色について考える [考えるシリーズ]

今日の3時のおやつを見てふと思い出した最近ちょっと気になっていることについて

IMG_5596.JPG



それは、夕食中に度々発せられるカミさんの一言です。

「変!」

何が変かというと私の髪の色。その変に映る原因は、染めることを止めた為に内側が白髪ゾーン、表面は染めた黒色が茶色に変色しそこに白髪が混じってバームクーヘン状態に、しかもところどころの茶髪がピカピカ光っている(我が家では食卓の照明が一番明るい)。これが、変の素。

そもそも染めることを止めた動機は、カミさんが「もう染めるの止めたら?お風呂掃除が大変なの?!こすってもこすっても落ちないのがあって・・・」という悲鳴にも似た苦情だった。それに加えて、2か月毎の染める行為そのものが面倒になったということで、思い切って10年以上続けてきた習慣を止めた。

少しでも家事の苦労を軽減させたいという私の深い愛情を見ようともせず、ただ「変!」を繰り返す彼女に、「それはないでしょ!」と反論したいところだが、後2回ほどカット(4か月を要す)すれば、共にサボテンを愛する財津さん風の髪型に落ち着きそうなので、当面この「変!」を素直に受け入れる決意をした50歳半ばのおじさんの詩でした。おわり

IMG_5592.JPG

「小顔」体験キャンペーン!リピーター続出【エルセーヌ】


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!


100GB無制限レンタルサーバー【X2】




nice!(146)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

有給休暇を考える 「権利という概念を捨てなさい!」 [考えるシリーズ]

Yahoo Newsから)

有給休暇 取りづらい雰囲気を醸し出す「A級戦犯」の“腹の内 プレジデント Online


「有給休暇の取得は後回し」せざるをえない“大人の事情”


「有給休暇の取得のしやすさ」は、働きやすい職場環境の構成要素のひとつとしてよく挙げられます。しかし、厚生労働省「平成28年就労条件総合調査結果」によれば、平成27年の年次有給休暇の平均取得日数8.8日、取得率は48.7%に過ぎません。
この数値は、前年(平均取得日数8.8日、取得率47.6)とほぼ同じ。有給休暇が取得しやすくなっているとはとてもいえない状態です。今回は、有給休暇の取得を阻む要因について、各種調査の結果や、ビジネスパーソンへのインタビュー結果を踏まえて考えてみます。
※この後、暗~い話が延々と続いておりましたので、読まれる人の健康を考えて割愛しました。

(私の卓上カレンダーの5月)

IMG_5377.JPG



例によってこういった記事は、問題を煽るだけ煽っておいて、結局その対策についてはほとんど述べられることはありません。これはある種、雑誌の使命といってよいのかもしれませんね。

仕方がないので、私からとびっきりの処方箋をお出ししましょう。ずばり、簡単です。

有給休暇を取れる方法はただ一つ

リーダーが率先して見本を見せること

少し補完すると、トップを含め会社全体で、そういう雰囲気を作るための努力を続けること。
労働基準法、就業規則、権利と義務なんて考える必要はありません。これらはあくまでも二次的なものなのです。

これだけです。(おわり


むくみ、たるみ、二重アゴに「小顔」体験キャンペーン!<エルセーヌ>


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



 [ひらめき] 
nice!(128)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

考えて、トランプを並べてみた日曜日 [考えるシリーズ]

今朝はいつもより遅めの7時10分に起床。

昨夜の深酒の催しにおいて、自分がブロガーであることをすっかり忘れてしまい、一枚の画像も残すことができませんでした。真のブロガーへの道が如何に険しいかを思い知らされた一日でした。> <

さて、今日はのんびりした朝にメリハリをつけようと、ここしかないという週末皆勤賞に近い喫茶店で朝食です。

理由はわかりませんが、珍しく朝から妙に甘いものが欲しくなり、コーシー(江戸っ子です!)&コーシーエクレアを注文しました。

IMG_4850.JPG



IMG_4851.JPG


この組み合わせは、ナポリタン&ミネストローネに近くないか、と疑念を抱きながらいただいた次第です。


その後、新宿ヨドバシカメラに直行。理由は私の愛機 iPhone6s のカバーが痛んできたので、それを新調するためです。購入したのがこちらです。

IMG_4855.JPG



IMG_4857.JPG




こういったスマホ周辺の消耗品の価格設定はあまりにも暴利をむさぼっています。素人目にも原材料と加工費を考えると、消費者をバカにした価格になっていることは間違いありません。



さて、今日はトランプ大統領について私なりの解説を記事にする予定だったのですが、昨日のお酒が抜けきれないのか、単になまぐさな人間だけなのか分かりませんが(多分後者の方だと思いますが)、前回に引き続きポイントだけをメモっておきます。


・トランプ政権下で、民主主義はどう変化しようとしているのか。

・近年のグローバリゼーションによって生み出された格差は?

・労働者階級を中心とする中間層はその利益を全く享受できていない。

・すでにアメリカには、アメリカンドリームはなくなったのか。

・言論の自由をもっともらしくひけらかすメディア自体が暴利をむさぼり、言論の自由はどこに?!

・彼の登場によって、世界中にナショナリズムが台頭するようなことになるのか。

・政治は実験であってはならない、進歩とは?

・今、必要とされる政治理念とは!


唐突ですが、KENT0mgが小池新党で立候補することになった時は、清き一票をお願いいたします。> <



(完)(^^)/~~~


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

【たけいみき】ダイアリー【日記帳・B6タイプ】【クローズピン ClothesPin】【ゆうメールのみ送料無料】


完全ひとりビジネスを始めるための本 自宅にこもったまま安定して稼ぎたい!

完全ひとりビジネスを始めるための本 自宅にこもったまま安定して稼ぎたい!

  • 作者: 右田正彦
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2016/12/13
  • メディア: 単行本






nice!(139)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

考えない人 [考えるシリーズ]

勝手に好評になりつつあるシリーズ『考える』を三夜連続でお送りします。

今日のテーマは『考えない人』を考えてみます。まずは、先日の朝の職場から、


上司から指示を受けると今すぐにでも動き出しそうな活発な雰囲気を醸し出しながらハキハキした声で返事をするものの、結局任された仕事をほったらかしにして時間が経ち、相手側からのクレームが入ってはじめてその部署全体がその問題に気付き、周りの人間から顰蹙を買いながらもみんなの協力を得て、やっとこさ事を終えるのが得意な男との会話です。

(私から資料を見せながら)「本来これはうちの○○さんの仕事なんだけど、彼が急きょシンガポールに行くことになってね。」

「で、(男の直属の上司)○○さんに相談したら、君が今週は空いていると聞いたので、それでこれを頼もうかと・・・」(資料を渡す)

「確か、君、今期の売上があまり伸びていないようだし・・・」

「どう、やれる?」

男:「ありがとうございます。○○さんには何度もピンチの時に助けてもらっているし、これで少しはお返しができると思います。是非、やらせてください!」

「まっ、お返しは要らないけど。頼むよ!」

「特に注意するところはないと思うけど、・・・する時だけは気をつけてよ!それなりの金額だし、くれぐれも相手に失礼のないように!」

お昼時間にちょっと心配になったので、彼の席にいくと彼は今にも机の下にずれ落ちそうな姿勢で足を組んでスマホをいじっていました。私はそぉーと彼に近づいて、彼のスマホを覗き込むとピカピカ光りながら口から火を噴いている怪獣が映っていました。

「おい!」

男:「あっ!」

「どう?進んでる?」

男:「午前中、ちょっと他にありまして、午後やる予定です!」(自信満々の笑顔)

「そう、集中すれば2、3時間で終わるはずだから、終わったらうちの○○さん(女性)に連絡しておいてね!」

男:「はい!わかりました!」(大きな声、且つ自信満々の笑顔)

IMG_4522.PNG


もうここまで来ると、皆さん、この後の展開はだいたい想像がつきますよね。案の定、夕方彼の様子を見に行くとほとんど手付かずの状態でした。

「あんたねぇ~、仕事を何だと思ってんだ!そんなんで給料をもらって恥ずかしくないの!奥さんに仕事してきたよって胸張って言える?」

「いい返事だけしておいて、何にもやらない。あのねぇ、怒らないから、やらない理由を教えてくれる?」

男:「・・・」(ずぅーと、下を向いたまま)

「ホントに怒らないからさー、何で?」

男:「ちょっと考え事がありまして・・・。でも、明日は必ずやります。」

「もういいよ!それ、全部返して!」

男:「お願いします!お願いします。絶対、やりますから・・・。」(松岡修造がテニスを教えている時の表情そのままに強烈な視線を浴びせながら)

「わかった。じゃ、あなたが考えていたという”考え事”が何なのかを教えてよ!それ、何なの?」

男:「・・・・」(スマホをしっかりと握ったままの状態)

私は一瞬、「このぉ、ボケ野郎!いい加減にしろ!」と一喝しようと思いましたが、彼のこれ以上ないというほどの神妙な顔つきを見て、全身の力が抜けてしまいました。

結局、翌日彼と同じ部署の○○さんに手伝ってもらって、なんとか仕事を終えることが出来ました。

おそらく、彼はその日何も考えていなかったのだと思います。もう、これ以上彼のことは考えないことにします。(おわり)



世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

ブログ飯 個性を収入に変える生き方【電子書籍】[ 染谷 昌利 ]


真田幸村 逆転の決断術: 相手の心を動かす「義」の思考方法

真田幸村 逆転の決断術: 相手の心を動かす「義」の思考方法

  • 作者: 野中 根太郎
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2015/10/20
  • メディア: 単行本




nice!(121)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 考えるシリーズ ブログトップ